常盤保育園 | 社会福祉法人 中部学院福祉会

  • ときわの特色
  • 施設紹介
  • ときわの一日
  • 保育サービス
  • 食育について
  • フォトアルバム

home>ブログ

ブログ

「常盤保育園の自慢」の6つ目は、「食べること」を大切にしていることです。「食育」の充実に取り組んでいます。

今の教育は、「生きる力」を育むことが大切だといわれています。そのベースになるものは、「たべる」ということだと思います。この食べるを大切にした「食育」を進めています。そのため、給食の充実にも力を入れています。食物アレルギーに対する対応も行っていますし、子どもたちへは給食を中心とした「食育」に取り組んでいます。子どもたちが育てた野菜やサツマイモ、トウモロコシなどを給食やおやつに使うために調理実習も行っています。また、はしの使い方、スプーンの使い方についても栄養士と保育士がコラボで指導しています。さらに、保護者の方々と「子どもの食」をテーマに給食参観や懇談会を行っています。もちろん、毎日の給食はとてもおいしいですし、子どもたちにやさしくできています。(あひる組の子たちには、食べやすいように小さく刻んだり、柔らかくしたりします。)

ここでは、うさぎ組(3歳児)が初めて給食当番をはじめた様子やきりん組・くま組がおやつにでるトウモロコシの皮むきの様子やくま組が育てた夏野菜(きゅうりやナス)を調理し、各クラスに配った様子をご覧ください。

また、給食参観の様子もご覧ください。

IMG_4471IMG_4525IMG_4470IMG_0732IMG_0149IMG_0146IMG_0766IMG_9796IMG_9835IMG_9838IMG_1376IMG_7695

IMG_4582

 

PAGE TOP