常盤保育園 | 社会福祉法人 中部学院福祉会

  • ときわの特色
  • 施設紹介
  • ときわの一日
  • 保育サービス
  • 食育について
  • フォトアルバム

home>ブログ

ブログ

8月9日(金) 劇団風の子 「ぱらりっとせ」 とっても楽しかったよ!

劇団風の子「ぱらりっとせ」グループの4名の方が来園していただき、岐阜の民話や昔の遊びのパフォーマンスをみせていただきました。笑いあり、歓声あり、感動ありのとても楽しい素晴らしいものでした。

岐阜県の民話をべースにオリジナルの作品で、「花さかこぞう」という題名です。一平という子どもと柿から生まれた白という犬が今まで全く咲かなかった桜を見事に二人で力を合わせて咲かせるお話です。歌や踊り、セリフの言い方や顔の表情などがとても面白く、子ども達は大喜び、楽しい劇でした。また、岐阜県が舞台の民話ですので、美濃和紙や和傘、岐阜提灯、ひょうたん等、岐阜県にまつわる伝統工芸品の紹介していただきました。

パフォーマンスも昔の遊びをテーマにしてあり、かくれんぼ、お手玉、かざぐるま、紙風船、なわとび、竹馬などをみせていただきました。圧巻だったのは、なわとびと竹馬です。なわとびは2本の縄の中で跳びながらさらにその中でなわとびをするというものです。竹馬は2mを超える長さの竹馬を楽々乗りこなすものでした。子どもたちは身を乗り出し、大きな歓声と拍手の中で、見守っていました。

最後に、出演された方と握手とあいさつをして終わりました。

7月31日(水)避難訓練 地震に対しては…

地震に対する避難訓練をしました。外はかなりの気温でしたので、玄関ホールに避難する想定で実施しました。

今回は地震発生時に、園内放送や保育士の先生方の時事をしっかり聞いて、頭を隠す「ダンゴムシポーズ」や机の下にもぐって頭を守る訓練、そして以上児は「災害ずきん」を被っての避難について訓練しました。

子ども達もなく子もほとんどいなく、落ち着いて地震に対する身のこなしや避難について訓練することができました。

 

 

7月26日(金) トウモロコシの種まき 早く大きくなあれ!

JAときわの方々のお世話になり、トウモロコシの種まきをしました。一人二粒ずつもらって、土と肥料の入った小さい入れ物に一粒ずつ植えました。人差し指で小さな穴を作り、その中に種を入れました。

早く大きくなって、おいしいトウモロコシができるといいです。

植えた種はJAときわの方々のお世話になり、サツマイモを植えた畑に植えてもらえます。

 

PAGE TOP