岩野田児童センター | 社会福祉法人 中部学院福祉会

  • 施設概要
  • 施設紹介
  • 活動の紹介
  • 行事のお知らせ
  • 児童センター日記

児童(乳幼児は、保護者が同伴する場合に限る)及び児童の保護者様にご利用いただけます。

開館時間

4~9月…午前9:30~午後5:30
10~3月…午前9:00~午後5:00

休館日

月曜日
(月曜日が祝日の時は、火曜日以降の最初の平日)、年末年始

home>ブログ

ブログ

みなさんは今年の夏の期間は、どのようにすごしましたか?

 

今年はコロナ対策でいつもとは違う日常で過ごしました。

昨年の10月に児童センターを利用する方からカブトムシの幼虫ををいただきまして

コロナ禍でも元気に育ち、7月には立派なカブトムシが出てきてくれました。

オスが6匹、メスが2匹どの子も元気いっぱいです。

 

同じケースの中だといつもケンカばかりだったので、

子どもたちと相談し、6つの部屋を作ってあげることにしました。

よくゼリーを食べる食いしん坊の”かぶくん”や

体が大きい”キラくん”など1匹ずつ名前をつけて、

夏休みは子どもたちとカブトムシの成長を見届けることができました。

9月中旬に入り、順番にカブトムシたちとのお別れが近づいてきました。

そんな中、土の奥下をのぞいてみると、

なんと、

カブトムシの赤ちゃんが生まれていました!

 

今年の夏は、今まで通りとはいきませんが、

今までとは違うことにチャレンジできたと思います。

 

子どもたちと一緒にまた新しい命を大切に育てていきたいと思います。

 

本日は、祖父母を対象にした

「孫育て応援セミナー」を開催しました。

中部学院大学短期大学部の幼児教育学科の

倉畑萌先生をお招きし、

孫との関わり方や遊びの紹介をしていただきました。

実際に、自宅でも簡単にできそうなシール遊びを

参加者と一緒に行いました。

 

 

子どもたちが本来の遊び道具で、違った遊びをしているケースがあります。

大人はつい、子どもたちの遊びを正そうと「こうやって遊ぶものなんだよー」など、

伝えてしまうことがあると思います。

本来の遊び方とは違っても、危険がない場合は見守り、

些細なことでもできたことをほめていけたらと感じます。

おじいちゃん・おばあちゃんに求めている生の意見を直接聞けて、

今後も夫妻と祖父母、みんなで子育て・孫育てに活かせてもらえたらと思います。

 

 

 

 

今日は児童センターで豆まき会をしました。

赤鬼グループと青鬼グループに分かれ、

自分のお面を作りました。

同じ赤鬼でも角は変わった色をしていたり、

レインボーな口をしていたり、自由に色ぬりをしました。

お面の裏には、自分の中にいるオニをそれぞれに書いてもらいました。

「けんかばかりするオニ」や「さぼりオニ」など

自分のよくないところを振り返りながら、

お面を完成させました♪

「おにはそと ふくはうち」と声を出しながら、

お互いの鬼のグループに豆まきをしました。

最後はみんなで恵方巻き!?(恵方菓子)を作り、

西南西を向いて食べました。

 

のこさず、おいしく食べました♪

 

季節の遊びをみんなで楽しめたと思います。

 

 

 

PAGE TOP